家賃保証の仕組みとは?

on 2020年1月7日 by

自分にはまだちゃんとした収入がある家族がいるので家賃保証会社ではなく連帯保証人を付けたいと思っていませんか?残念ながら家賃保証を回避するのは難しいです。ですので、入居する際や更新時に保証会社への保証料を支払わなければならないので気をつけてください。
家賃保証とは、アパートなどを借りて入居している際に何かしらの理由で家賃の支払いが遅れてしまった場合に入居者の代わりに家賃保証会社がアパートのオーナーに家賃を支払うことをいいます。従来ならば滞納した場合は本来は入居者の連帯保証人に家賃を支払ってもらうべきですが借りる側にそういった保証人を立てられない状況にいる方もいます。今後は高齢化社会が進んで家族の方が連帯保証人になれるほど収入がなく、入居者の方の家賃を保証出来るほどの信頼がないような場合もあります。さらに企業の終身雇用制度も見通しが悪いのでフリーランスとして社会で活躍して居られる方も以前よりも増えてきました。家賃保証会社を利用することで社会的に信頼を得られアパートを借りれますし、オーナー側も家賃の支払いが遅れた場合も未払いになる可能性が低くなるため現在では多くの不動産業者が家賃保証会社と提携を組んでいます。

https://www.4cs.co.jp/business/shikumi.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>